ランドセルの選び方

小学生の男女

ランドセルの選び方ですが、お子様に実際に背負わせてみることが大切です。

 

お子様の体に負担にならないような適切なサイズのものを選びましょう。

 

そして6年間使うものであれば耐久性が重要になります。

 

それにはまずランドセルの本体に肩ベルトを繋ぐ部品である背カンがしっかりしていることと、収納部分であるマチがしっかりしたものであることが大切です。

 

軽いものでマチがしっかりしていないものを選んでしまうと、数年間の使用でかなりつぶれてしまうこともあるので注意が必要です。

 

 

色やデザインについては6年間使うものであれば長く使えるような無難な色やデザインのものを選ぶのがお勧めです。

 

6年間も使わないようでしたらお子様が気に入ったデザインを選んでもよいでしょう。

 

ランドセルに欠かせない安全機能

ランドセルを購入する際には安全機能が十分備わっているものを選ぶべきで、特に反射材が付いていることは必須です。

 

入学当初は早く帰宅が可能ですが、徐々に夕方の帰宅になります。

 

冬などは早く暗くなりますし天気の悪い日などもあり、子供が歩いていることを車のドライバーに早めに気づいてもらうには反射材が一番効果的です。

 

 

反射材の形も昔のような長方形のものばかりではなく、可愛い形にカッティングされたものが多くなっているので、安全を保ちながらもおしゃれであったり可愛さを損なわないランドセルがたくさん販売されています。

 

材質の性能も向上していて、壊れにくくなっているため男の子用ランドセルでも高学年まで反射材が持つようになってきています。

関連ページ

軽量のランドセルについて
軽いランドセルを選ぶ人が多いですが、ランドセルの重量にも注意点があります。